« お肌の曲がり角 | トップページ | 隠し剣 鬼の爪 »

2004/10/28

ハマった大河ドラマ

大河ドラマは結構見てるんです。
一番ハマったのは「独眼竜政宗」ですね。こりゃー面白かったですよ。日曜日が待ち遠しい感じで。
最終回はなんか悲しかったですが、紅白歌合戦にちょいと出てきたんですよね。渡辺謙良かったですよねー。
次にハマったのは「毛利元就」。え?って思いました?けどねー結構面白かったんですよー。
中村橋之助も良かったし、松坂慶子も良かったし、内容も面白くてよかったし。
「武蔵」は途中で断念しました。だって面白くないんだもーん。

来年は「義経」ですねー。でもねー、義経が主人公になると、必ず頼朝が悪者になるので気に食わないんですよね。もちろん私は頼朝派です!
義経について勉強してみると分かると思います。
大体、正室の子と側室の子では身分が違います。嫡男以外は臣下なんですよ。なのに義経は結構自分勝手にやっちゃって。勝手に官位を貰っちゃうんですね。将軍がまとめて恩賞を与えるという大前提があったのにです。それを崩してしまうって事は幕府の権威を失墜させる事に気付かなかったんです。征夷大将軍の弟だからってやっていいことと悪い事があります。戦には強かったですが、政治には不向きだったんでしょう。実はー、義経はちっさくてブサイクだったらしいんですよー。ちっさいから八双跳びとか出来たんですね。
頼朝は結構すごいですよ。カリスマがすごいですし。血筋が第一ですし。将軍は勝手に動いちゃあいけないんです。将軍=権威なんです。自分の立場を理解して忠実に守っていたんですよ。
それにすごい運が強いんです。初陣で敗戦するわけですが、馬の上で寝ちまって義朝達とはぐれたんですね。しかしはぐれたおかげで命拾い。義朝達は頼った味方に裏切られて殺されてしまいます。さらに平家に捕らえられた時、清盛の義母、池禅尼に助けられますし。伊豆に幽閉された後も、乳母の比企尼に助けられます。
北条政子も色々言われますが、子供全員に先立たれています。大姫、頼家、実朝、三幡。しかも実朝は大事に育てた孫の公暁(善哉)に殺されるという耐えられない悲劇です。

|
|

« お肌の曲がり角 | トップページ | 隠し剣 鬼の爪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38616/1792132

この記事へのトラックバック一覧です: ハマった大河ドラマ:

» 独眼竜政宗 [龍の目]
最近ではハリウッドでも評価の高い渡辺謙ですが、 この優を人気俳優にしたのが、 今回ご紹介するNHK大河ドラマ「独眼竜政宗」です。 放送時期は昭和62年... [続きを読む]

受信: 2004/11/29 22:09

« お肌の曲がり角 | トップページ | 隠し剣 鬼の爪 »