« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005/06/21

2006年大河ドラマ「功名が辻」!!

蒸し暑いですが、如何お過ごしでしょう。

昨日、来年の大河ドラマの記者会見があったみたいですねぇー。

記事 →06年NHK大河「功名が辻」出演者発表
NHKのニュース →2006年大河ドラマ『功名が辻』出演者発表!

p-et-tp0-050621-0009実はー、結構楽しみにしてるんですよーーー。
司馬遼太郎の「功名が辻」は既に読破済み
しかも面白かったんだよねぇー
原作と同じく、次回が楽しみーっつうドラマになればいいけど。
脚本って大石静さんなんでしょ?結構大丈夫かも。

歴史モノが苦手ーーー、なんていう人は、この「功名が辻」から読んでみるといいと思う。

昔、テレビ朝日で、宅間伸壇ふみの主演でも連ドラやってたよね。
これもなかなか面白かったぞ。未だに音楽を覚えているくらいだよ。

それにしても、さすが大河・・・。すごい出演者っぷりだよね。

pfuln20050621073002でも一番拍手を送りたいのは、山内一豊に上川隆也ーーー!!!
さっすが「大地の子」。NHKいいとこに目をつけるよー。
その昔、大河ドラマ「毛利元就」で中村橋之助演じる毛利元就の長男、毛利隆元役で出演したのは良く覚えてる。あの時、結構いい味出してたんだよねーー。


五藤吉兵衛は武田鉄矢だってーーー。
武田鉄矢って、こおいう役ばっかりの記憶しかない。
「草燃える」(ちなみにリアルタイムでは見ていない)では安達盛長だったよねぇー??
「太平記」では楠正成だったよねぇー??

私の御ひいき武将、今川義元江守徹だってさーーー。
おっかしいなぁぁぁーーー。今川義元って美男子説がかなり有力なんだけどー。
信長光秀家康の大物武将は後日発表らしいよ。
話題分散しようという気だな。。。


kikyou←あ、さてーー。この家紋は何家の家紋でしょうかー??
 
 ヒント:ズバリ!!水色桔梗!!!(そのままじゃーん)
 



ちなみに今年の大河ドラマ「義経」挫折してるんだけど・・・。
だって、源平は大学時代の卒論にしたくらいだからー、ドラマだとイマイチ現実味がなさすぎで・・・。
そもそも。。。義経はブサイクだったんだぞ。。。
タッキーだとカッコ良過ぎでしょー??

| | コメント (6) | トラックバック (4)
|

2005/06/20

酒気帯びで懲罰動議??

最近、こんな記事出てるよねー。
  ↓
<懲罰動議>首相らの「酒気帯び登院」に、民主党が提出


なんかさー、別に誰の味方って訳でもないし、酒気帯び登院がどうでもいい事とは言わないけどー。

こおいう議論しなくても良い事で話が反れる人って結構いるよねぇー??
こちらが本題を話しているにも関わらず、話の途中のちっさい事でそれは違うよ的な事を言う人。
それってとことん追求する必要あるわけ?みたいな。大体の話よって言ってやりたいよ。
後、その話、結論出るの?っていう話をする人とかさ。

そおいう人って、ホントつまんない男。。。って思うよ。
私は女だからかもしれないけど、男のこおいうタイプは特にみっともない。
いい男でも、絶対にモテないと思うけど・・・。最近別れ話で話題の某俳優のように。

国会議員にもこおいう方々がいらっしゃったとはねぇー。
ま、ありえるかって感じ?
すっごい不思議な人達だよねぇぇぇぇ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/06/17

花田兄弟ねぇ~。飽きた?

この兄弟のニュースについて、あんまり興味なかったんだけど、
なんだかすごい話題になってるから、今更ちょっと触れてみようと思った今日この頃。

歴史は繰り返す、じゃないけど。
大体ねぇー。。。こおいうのって奥さんがうまく調停出来ないとダメだと思うんだよねぇー。

日本史を見てみると分けるけど、奥様が活躍してない武将ほど滅んでいく運命よ。
豊臣に嫁いだ千姫なんていい例よ。
あの子ってば、どうにかすりゃー豊臣を滅ぼす事もなかっただろうに、何にもしなかったんだよねぇー。実家と嫁ぎ先をうまく橋渡し出来ずに、豊臣滅亡だよ・・・。(実際は秀頼の女子の遺児のみ出家して生き延びたらしい)
千姫・・・バカだったのかしら?普通の思考があれば何か出来そうだけど。
ま、織田のお市さんは頑張ったんだけどねぇー。。。兄弟や夫含めて運が悪かったかなぁー。

奥さん達があんなんじゃあ、この後も続いていくね。この確執。

やっぱ、中学卒業して特殊な世界に入るっつうのは考え物だね。
特殊世界の常識で育っちゃうんだから。。。恐ろしいこった。
もうちっと人格形成が出来てから、社会に出た方がいいねぇー。
いやー。大学卒業しておいて良かったわーーー。
確かお兄ちゃんは高校は入ってるんだよね。中退だったっけ?
うーん。個人的な意見だと、やっぱ中退でも高校に行ってたってのがこの差かなー?って感じ。
私なんかは相撲人としてどうか?っつう問題はかなりどうでもいいー。
やっぱし、人間としてどっちが普通か?ってのが重要なのさ。
というか、まずそっちが優先じゃないかい??

それにしても貴乃花の髪型・・・。誰も何も言ってあげないのかな?
なんかそういうトコ見ると、ホントの友達っているのかねぇ??って思わない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/06/05

デンジャラス・ビューティー2

皆さん、こんばんは。

ネタバレありますのでーーー。

dangerous-beauty2先日、「デンジャラス・ビューティー2」を観に行ってきましたー。
前作も観たんだけど、結構ハチャメチャで面白かったのね。
なんつーか、ザ・アメリカンムービーって感じでさ。
だから今回もハチャメチャっぷりを観てみようと思って。

今回の舞台は、なんとラスベガスでしたー!!!
ラスベガス大好き!!既に4回も行った!!!
ああー、あのホテルねぇーーー、みたいな感じでちょっとワクワク。
私が泊まったヴェネチアンでは、容疑者との追いかけっこありで。
やー。ヴェネチアンって、高いだけあって素晴らしいホテルだよー。
ボーナスぜーんぶ使っちゃったもんね。。。

おっと。話が脱線した・・・。

んで、あらすじは。
「ミス・アメリカコンテスト」の爆破を阻止したFBI捜査官グレイシー・ハート(サンドラ・ブロック)は、今やミス・ベストフレンドとして全米中の人気者。ところが、有名になり過ぎて潜入捜査には支障を来たし、おまけに同僚との恋もあっけない幕切れを迎えてしまう。そこで心機一転、FBIのPR活動という新たな任務を引き受け、セレブファッションに身を包んで“FBIの顔”として生まれ変わる。そんな時、親友でもあるミス・アメリカのシェリルが誘拐され、犬猿の仲のサム(レジーナ・キング)を相棒に捜査に乗り出す。

というわけですわ。

感想は。
やっぱハチャメチャで面白かったー。(深く考えないで観れば)単純に面白かったー。
というか、笑えたよーー。ちょっとジーンとくるとこもあったし。
空港でグレイシーとサムが喧嘩した時に、胸パットを直してたトコとか、空港から逃げる時に「タンポン買いにーー!!!」とか言ってたとことか、かなり笑えた。
相変わらず、サンドラ・ブロックは鼻を鳴らして笑ってたし。。。
犬猿の仲として登場したサム(レジーナ・キング)とFBIラスベガス支局のジェフ、かなりいい味だしてた。
サムってば、実はいろいろ抱えた人なのね・・・ってジェフの家に泊まってグレイシーと語ってる時に思っちゃった。
ジェフってばダメ男でベタ惚れの彼女を上司に取られちゃうんだけど、最後はミス・アメリカのシェリルといい感じになってたー。
ザマー見ろ!元彼女!!ミス・アメリカだぞ!!!って感じでスッキリしたよー。

| | コメント (3) | トラックバック (4)
|

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »