« NHK「新生プラン」に4600件の抗議 | トップページ | 現代っ子の線引き »

2005/10/02

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦

どーも。皆さんこんばんは。

kurayon土曜日に、クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」が、テレビでやってました。

もう!これを録画しない手はない!!と思ってとりあえずHDDで録画。
後で編集してDVDに落とそうっと。

んで夜中に見ましたよ・・・。
前に見たことがあるにも関わらず・・・。号泣してしもうた・・・

鼻水ダラダラ出しながら。

映画観て泣く事ってほっとーんど無いんだけどねー。

特に最後の場面が・・・。もう泣かずにはいられないよ!!!
又兵衛の台詞「私はあの時死ぬ運命だったのだ・・・。」ってやつ。
ぐおぉぉぉぉ!!!!って涙があふれてくるよーーーぅ!!

さらに、又兵衛があげられないって言ってた脇差を、しんちゃんにくれるじゃない??
そこもさらに号泣!!!

さらにさらに、お家に戻ったしんちゃんが空を見上げて言った「お又のおじさんの雲だ!」って台詞でまた締めの号泣!!!


欲を言えばー。江尻又兵衛と廉ちゃんの生まれ変わりなんぞが、付き合ってるのとか見てみたかったなー。
ま、あれはあれで良い終わり方だったので、エンドクレジットの絵かなんかで見れれば十分だったんだけどね。

はぁー。これって本当にいい映画だわ・・・。
金打(きんちょう)っていうのもいい場面だったーー。

DVD買おうかな・・・。

|
|

« NHK「新生プラン」に4600件の抗議 | トップページ | 現代っ子の線引き »

コメント

加美能さん、こんばんは。
この映画、息子に連れられて映画館で見て、ボロボロ泣いてしまいました。息子に見られて恥ずかしかった。

それから、カメラアングルというかアニメの映像がとっても斬新で、原恵一という監督の映画のこだわりが感じられます。幼児映画なのにおもいっきり好きなことをやってみたと言う感じですね。

ひとつ前のオトナ帝国も家族愛とノスタルジーで泣かされましたが、こちらは純愛、オマタのおじさんにすっかり感情移入でした。これ以降、オバカ路線に戻ってしまったのが残念です。

投稿: オブ | 2005/10/03 01:17

オブさん、こんばんはー。
やっぱり泣いちゃいましたか・・・。私はさすがに映画館には行きませんでしたが、ずっと前にテレビで見て号泣してしまいましたよ。
元々、しんちゃんはかなり好きで、コミックは全部持っているくらいなんですよ。
確かに監督はスタッフから、監督が一番楽しんでるよね、とか言われてるのを何かで見た記憶が・・・。
カメラアングルまでは気付きませなんだ・・・。さすがオブさん、良く気付きますねー。

オトナ帝国も良かったですよね。最後、しんちゃんがズボンずり落ちながらも階段を上って行く姿が面白いし泣けるしで。

投稿: 加美能 | 2005/10/03 23:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38616/6222379

この記事へのトラックバック一覧です: クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦:

« NHK「新生プラン」に4600件の抗議 | トップページ | 現代っ子の線引き »