« クリスマス限定サンタラスカル2005年バージョン | トップページ | 安藤美姫はなぜ?? »

2005/12/22

爆笑問題のバク天!黒ひゲイ危機一発フォォー!

な、なにこれ??
いつの間にこんな企画が出来てたのー??

黒ひゲイ危機一発:同性愛者らの団体が抗議、販売中止求める

20051222org00m300026000p_size6 なんー。かわいいじゃーん。
まさか飛び出る時に「フォォーーー!!!」って言うとか??
と思ってたら抗議されてたんだ・・・。
「セクシュアルマイノリティ教職員ネットワーク」って、差別をなくそう系の団体かな??

んー。。。でもまぁ、シャレの範囲ではないかな??
黒ヒゲなら刺していいって訳でもないしー。


そもそも、ゲイが差別される、っていう現象があるとしたらさ。
ちっさい頃から「ゲイ」という存在に慣れてないからっていうのがあると思うのよねぇー。
おもちゃでも何でも、「ゲイ」っていう存在に慣れてたら差別もしないと思うの。

そんな考え甘いか??

ま、日本人は古代からゲイもアリだったからさ。
(というよりはバイセクシャルよね。)
古代からDNAに組み込まれちゃってるから、キリスト教の人々よりは抵抗感ないと思うのよね。

んとね。静御前とかの白拍子っているじゃない?
あの人達って直垂・立烏帽子・白鞘巻の刀を差した男装で今様とかを歌ってたのね。
それっていうのも、平安時代に男色が流行っちゃって、遊郭にお客さんが来なくなっちゃったってんで、婦女子に男の格好させて踊らせたわけー。

って事で、日本人の取り得ってユルい性格だって事で。
(悪いとこでもあるけど。)
あんまりガミガミ言うのはどうも・・・。フォォーー!

|
|

« クリスマス限定サンタラスカル2005年バージョン | トップページ | 安藤美姫はなぜ?? »

コメント

TBありがとうございます、初めまして。
個人的には全く賛成なのですが、現実としてはゲイは性同一性障害という障害の場合もありますからねぇ。思想・信条の一形式に過ぎない昔のバイセクシュアルとはちょっと性質が違うかもという気がします。
ただ、そうするとHGの存在自体が揶揄しているものと捉えられるから疑問という気がしますし。
これについてはとても危険な一仮説を私のところでたててみました。隠して掲載してますので、興味があればドラッグしてください。

投稿: 川の果て | 2005/12/22 22:34

これ欲しいかも・・・。きっと2~3年もするとHGも消えてるだろうから、こんな人もいたなぁ~的に思い出の一品として。あひゃ

投稿: 島左近 | 2005/12/23 02:24

川の果てさん、こんにちは。
わたしゃー、ゲイと性同一性障害は別物だと思っておりました・・・。
ゲイ=男として男が好き、みたいなイメージでした。
一緒なんですね。。。知らんかったです。

投稿: 加美能 | 2005/12/26 11:16

島ぴょんー。
HGが2~3年も持つとは思えないぞ!!!
違うゲイを見つけないとねぇー。
ピカピカで持ってたら、将来高値で売れるかもよ。

投稿: 加美能 | 2005/12/26 11:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38616/7777401

この記事へのトラックバック一覧です: 爆笑問題のバク天!黒ひゲイ危機一発フォォー!:

» 「黒ひゲイ危機一発」、同性愛団体が発売中止求める [(・ω・)]
ロングセラーを続ける玩具「黒ひげ危機一発ゲーム」のキャラクターに 「ハードゲイキャラ」で人気急上昇中のタレント、レイザーラモンHGさんを採用した 「爆笑問題のバク天! 黒ひゲイ危機一発」の発売を中止するよう、 同性愛や性同一性障害の教職員たちがつくる団体...... [続きを読む]

受信: 2005/12/22 18:24

» 黒ひゲイ危機一発の危機 [川の果ての更に果てに]
長く人気を誇っている玩具の黒ヒゲ危機一発。その最新版で人気者のレイザーラモンHGをモデルにした「黒ひゲイ危機一発」が販売中止を求められているそうです。 最初、ちょっと見たところでは「黒ひゲイ危機一発、販売中止求める」とありましたので、てっきりPTAあたりが「子供の教育上適切じゃない」と難癖つけているのかと思いましたが。 逆だったようです… 具体的にはこちら。昨日批判したAsahi.comからです。 「黒ひゲイ危機... [続きを読む]

受信: 2005/12/22 22:29

» レイザーラモン危機一髪 [かきなぐりプレス]
筋肉キャラがかぶる、なかやまきんにくんの仕事が激減しただけでなく、吉本興業の芸人の仕事がレイザーラモンHGに集中した1年だった。 今年の初めごろは、まだなかやまきんにくんのサブ的な立場でイロモノとして扱われていたのだが、あれよあれよ、と言う間に「フォ~」が流行語にもなるほど、今年の顔になってしまった。 圧巻は細木数子の番組で、細木からどんなに罵倒されようと細木の前で腰を振り続けたことだ。あの根性は見直した。 だが、アメリカのハードゲイを彷彿とさせるあの衣装と腰フリは未だに好きになら... [続きを読む]

受信: 2005/12/23 23:29

« クリスマス限定サンタラスカル2005年バージョン | トップページ | 安藤美姫はなぜ?? »