« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006/11/27

暗いところで待ち合わせ/初日!

東京国際映画祭以外で、舞台挨拶なるものに初めて行きましたー。

25日から公開している、「暗いところで待ち合わせ」

325799view007なんでかって。。。
超大好きなチェン・ボーリンが来るっていうじゃない!!!
こ、これは・・・。もう行くしかない!!!
池袋でもなんでも行ってやる!!!ってことで。

横浜人からするとさ、都内ってやっぱり行くのに勇気がいるわけー。
だって、横浜に住んでると、横浜内で全てが事足りるから、特に東京都内に行く必要性もなくー。
都内でしかやりません!みたいなのがないと行かないのよねー。
しかも池袋なんて・・・。渋谷の方がまだマシだった・・・。
道が、道が!!わけ分からない!駅前を車で何週したか分からないよ。
一方通行ばっかりだし。
しかも、駐車料金がバカ高い。1時間600円っすよ!!
超ありえないー。横浜高島屋より高いよー。あそこが一番高いと思ってたー。
横浜ナンバーのインテグラなんかで来んじゃないよ!ってカンジー?

あぁ。話がそれすぎ。

あらすじは。
交通事故が原因で視力をほとんど失ったミチル(田中麗奈)は、父親(岸辺一徳)と二人暮し。しかしその父が突然亡くなり、ミチルは一人で生きていかなければならなくなる。
彼女の家からは、駅のホームが見える。
ある日、ミチルがいつものように窓を開けると、一人の男がそのホームから転落し、電車にはねられて死亡する事件が起きた。
その直後、ミチルの家のインターホンが鳴り、ミチルがドアを開けると一人の青年がミチルの家に忍び込んだ。
やがて青年は彼女に気づかれないように息をひそめて居間で暮らし始めた。
彼は死んだ男の同僚で、駅から逃走して殺人の容疑をかけられているアキヒロだった。

という訳です。

アテクシは、原作を読んでいないので原作の世界観はよくわかりませんがー。
とてーも、しずかーに物語が進んで行きました。
音楽とかも、最小限って感じでした。
だから、泣かなかったんだな。私。
私は音楽に乗せられて泣く事が多いんだー。

2時間位?あったと思いますが、飽きずに観れました。
何がツライって、アキヒロがいじめられてるのがとてもツラくて。。。
正直、ホントにツラくて、観てられませんでした。
世の中をうまく渡っていけない人って、日本人とか外国人とか関係なくて、見てるのがツライっす。。。
ボスに逆らえなくて、いじめに同調しちゃう奴とか、たぶんいるよねー。
アテクシは・・・。その辺は超強いので、怒れますけど。

その微妙なアキヒロ君。ボーリンさすがにうまくこなしてました。
つたない日本語とか、(実際つたない日本語を喋るが・・・。)彼女の家に侵入する時の表情とか、さすがです。
そして、ふてくされ顔もたくさん観れました。

さっすがー、と思ったのは、やっぱり佐藤浩市
すんごーーーーーーーく嫌な人の役だったんだけど、ホントに嫌な奴だった!!
さすがだよー。憎たらしく思えたもん。
あぁいう手合いは、味方にすると力強いんだけどねー。

井川遥ちゃんの、疾走には大注目よ!!!


そして、映画が終わると、いよいよ舞台あいさつ!!!
と思ったらー、田中麗奈ちゃんと監督しか来なかったー。
ボーリンと、宮地真緒ちゃん、遅れてるとのことー。
ガーン・・・。
でも、田中麗奈ちゃんってば・・・。超可愛いんですけどー!!!
顔ちっちぇー。腕ほっせー。足ほっせー。です。
昔、味の素?のCM出てたじゃない?
あのCMで「かわうそちゃん」とか言う台詞を言ってて、それがあんまり可愛くて惚れたね。。。
何年か前に女性誌を読んでて、彼女がカルチェのパシャをしてるのが写ってて、それで真似してパシャを買ってみた。
ってこれはうーそーーー。
パシャを買ったのは事実だがー、麗奈ちゃんの真似をしたわけではありませーーん。
防水機能に惚れたから。

ところでボーリン・・・。
遅れて来たキタ!
よかったよー。髪結んでたよー。なんでー?
マジでー。カッコ良すぎる。。。
というか、私の好み・・・。超ストライク!!!
夢か現か、ってことで、あんまり覚えていないのでー。。。
ニュースでも読んでください!

暗いところで待ち合わせ - goo 映画

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

2006/11/26

ジャイアント子パンダ2

また・・・。思わず載せてしまった・・・。
可愛すぎる・・・。

2006112500000030rcdccnview000

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/11/21

誕生日

今日は、冨田洋之選手の誕生日なんですよねー。

26歳ですな。

いい歳だなぁー。
もう一年したら、もっといい歳だなぁー。

11月21日。。。

すごーい。ケン・グリフィーJr.と一緒だー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/11/20

第60回全日本体操競技選手権大会

先日、といっても一週間も前ですが。
11月11日、第60回全日本体操競技選手権大会に行ってきました。

P506ic0009372034会場は代々木第一体育館。
あそこは広いし、会場まで低いし、やっぱりいいわー。
いつもは客席が高くて、何かしら見えない種目があるのよね。


渋谷の公共駐車場に駐車したんだけど、行くまで大変だったー。
なんといっても、あの渋谷駅前のスクランブル交差点が・・・。
もう少しで横断歩道に取り残される所だった。。。

土曜日は個人総合決勝で、もちろん冨田洋之選手が優勝ーーー!!!

ブハッ!
予選は3位だったのだー。
そして最後の種目、鉄棒で落下・・・。
どうなる事かと思ったんだけど、よかったよーぅ。

全然関係ないけど、女子の上村美揮選手、なんか可愛くない?
前に、すっごい近くで見たことあって、肌も綺麗で可愛いーと思ったの。

そおいえば、私の隣にどの選手だかの父上と母上が座ってたんだけどー。
予想では順天堂大学の誰だか。
すっごい応援に気合が入ってた!!!
ヨシッ!とかガンバー!とかは当たり前。
なんか恥ずかしくなっちゃったよー。
しまいには、冨田選手が鉄棒終わった後、「落ちたのにあんな点数なのー?」とか愚痴ってたしー。
だってー。技のレベルが違うじゃん・・・。

そうそう!米田選手がいたの!!
すごーく久しぶりに試合に出たみたい!
決勝には進めなかったみたいだけど、まぁまず一歩進んだって感じだね。

翌日の12日は、種目別の決勝だったんだけど、冨田選手は全部欠場だよ・・・。
まぁ私も気合入ってなくて、11時40分から競技開始してたんだけど、着いたのは3時だけどねー。。。
やっぱり日曜日はゆっくり寝ないと、翌日からの仕事がツライのだ。
歳を取るってツライね。

でも、冨田選手は会場にはいた!
ラッキー!!
いつものジャージを着て、みんなの演技を見ていました。

帰り際は色々あって、かなりハッピーな一日になりましたー。

冨田選手、ありがとう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006/11/19

台湾へ行った事3

さぁーて。今更、台湾旅行記ですよー。
3日目ですよぉー。

なんつっても、特にネタがないんですよー。

昼に行った所は、台北101のみだし。。。
とりあえず、撮った景色でも。

Dsc01097 Dsc01098

Dsc01100 Dsc01101

Dsc01103

ま、台北101は・・・。夜に行った方がいいですね。
きっと綺麗だと思います。

ショッピングモールもありますから、ショッピングのみでもいいと思います。
といっても、結構高級ブランドとかが多いよー。


3日目にして、旅の目的の一つでもあったフカヒレアワビをまだ食していなかった私。
もう今日しかないじゃぁーん、って事で台北101のレストランで食べました。
ちょっと小奇麗でたぶん高めだったと思うけど。
呼び込みしていたおねぇさんが、可愛かったっつうのと一生懸命日本語で喋ってくれたっつうので。

人が多かったので、フカヒレとアワビの写真はありませんが。。。
やっぱしアワビは美味しい!
フカヒレはちょっと味が薄めかなぁー。
やっぱ熱いからね。ビールも薄めなんでしょー??
お酒が飲めない私には、ちょっと分かりませんがー。


その後は、近くのデパート?みたいな所へ。
もーう、熱くて熱くてすぐヘバっちゃって、そっこースターバックスへ。
ソイラテ頼んだんだけど、すごーいソイが強調してた。
日本のソイラテってあんなにソイが強調してたっけ?
ここでは、つたない英語で会話よーぅ。

ここら辺は、日本でいうと丸の内?みたいな感じだったのか、お昼休みになるとハイソな男性や女性達が沢山いた。
なんか胸にIDカード付けたような。
女子達も可愛い感じで、パリっとスーツ着たような。

そこでグダグダになりつつ、ホテルに帰ったのでした。。。


夜は西門町へ。
日本で言うと原宿みたいな所らしいです。
若者が集う街、っつうことで、F4グッズもしくはチェン・ボーリングッズがあるかと思ってー。
まぁ、なかったけどね。

まずは、フラフラしてみました。
若者の街だけあって、ゲームセンターやら洋服屋やらケンタッキーやらサーティーワンがありました。
ゲームセンターはすごいよ。
いーっぱいあったよ。
むかーし、バスケットボールをゴールに次々と入れていくゲームがあったじゃない??
あれがすごい流行ってたらしくって、どこのゲームセンターにもあった!!!
ていうか、道端にもあった!!!
しかも次々と誰かがやっていた!!!
あれにはびっくりしたなぁー。

おそらく日本のが台湾にいったんだろうねーーー。

そしてまたスターバックスへ・・・。
というかね。高い。スターバックス。。。
そこら辺の屋台でジュース買った方が全然安い。
今度はラテにしました。
何気に台湾にはドトールもあるんだよ。

後、洋服屋に入って、短パンを買って帰りました。。。

ホテル帰ったらすぐ寝ちゃってー、残酷淘汰の番組見れなかったー。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006/11/13

東京国際映画祭/ユメ十夜

今更ですが・・・。

10/22に東京国際映画祭で上映された「ユメ十夜」を観てきましたー。
第一夜から第十夜まで計十話。
一話が10分未満じゃないかな?

知らなかったんだけど、上映前に舞台挨拶もありました!ラッキー!
監督陣と俳優陣で。
一作品一人ずつで、計10人。
俳優陣は、うじきつよしTOZAWA藤岡弘、緒川たまきの4人。
後は監督かプロデューサー。
緒川たまき、超いい!!
10年位前から、いい!とは思っていたんだけどー。
何を喋ったかは、「ユメ十夜」のサイトで。


もちろん、夏目漱石の原作「夢十夜」は読んでいます。
ずいぶん前に・・・。
大学生の時に・・・。

そもそも夏目漱石の作品を初めて読んだのは高校生の時。
みんな現代国語でやらなかったかな?
「こころ」

夏目漱石なんて、小難しいと思ってたけど、ぜーんぜんハマった。
その後、「三四郎」も読んだ。
美禰子に憧れた。。。

その流れで「夢十夜」も読みました。

名台詞 → もし思い切って飛び込まなければ、豚に舐められますが好うござんすか」

名台詞2 → 「お前がおれを殺したのは今からちょうど百年まえだね」

これは、ふかーい意味があるのですが、自分で解釈して下さい。


そうそう。第十夜にあの松山ケンイチくんが出ていたのだー。
え?誰って、「デスノート」のLですよ。
庄太郎役で出てました。

彼、すごい事務所が押してるっぽくって、どこがいいんだろうー?なーんて思っていたんだけど、なぜか分かったような気がする!!!

なんかね。雰囲気がいいのよ。
スカして笑うところとか(もち演技だけど)。
黙ってれば男前なんだなぁー、と思った。
明治の着物姿もグー!!
今更、注目していきたいと思います。

映画の内容は・・・。
まぁ、黙って観て下さい・・・。
特に第六夜(監督は松尾スズキ)がオススメです。
超笑いました・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2006/11/08

ジャイアント子パンダ

思わず・・・。載せてしまった・・・。

2006110800000010rcdccnview000

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2006/11/06

チェン・ボーリンがドラマ??

誰か教えて~~。

ボーリンが、日本のドラマに出るって聞いたんだけどーーー。
何に出るの?
TBS?フジテレビ?

もーう。最近、色々出てるからびっくりだよー。
土曜日はナイナイサイズ!に出てたしー。

ボーリングッズを求めて台湾まで行っちまった私・・・。

それにしても、ボーリンの携帯公式サイト。
写真満載で満足してます。
お気に入りは、セブンのCMのやつで、でーっかい麦藁帽子被ってる写真。

ボーリンを発見したのは、私の母上の方が先なのであったーーー。。。
恐ろしい母上だ・・・。

このふてくされ顔が、たまりません・・・。
7

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »