« ジャイアント子パンダ | トップページ | 台湾へ行った事3 »

2006/11/13

東京国際映画祭/ユメ十夜

今更ですが・・・。

10/22に東京国際映画祭で上映された「ユメ十夜」を観てきましたー。
第一夜から第十夜まで計十話。
一話が10分未満じゃないかな?

知らなかったんだけど、上映前に舞台挨拶もありました!ラッキー!
監督陣と俳優陣で。
一作品一人ずつで、計10人。
俳優陣は、うじきつよしTOZAWA藤岡弘、緒川たまきの4人。
後は監督かプロデューサー。
緒川たまき、超いい!!
10年位前から、いい!とは思っていたんだけどー。
何を喋ったかは、「ユメ十夜」のサイトで。


もちろん、夏目漱石の原作「夢十夜」は読んでいます。
ずいぶん前に・・・。
大学生の時に・・・。

そもそも夏目漱石の作品を初めて読んだのは高校生の時。
みんな現代国語でやらなかったかな?
「こころ」

夏目漱石なんて、小難しいと思ってたけど、ぜーんぜんハマった。
その後、「三四郎」も読んだ。
美禰子に憧れた。。。

その流れで「夢十夜」も読みました。

名台詞 → もし思い切って飛び込まなければ、豚に舐められますが好うござんすか」

名台詞2 → 「お前がおれを殺したのは今からちょうど百年まえだね」

これは、ふかーい意味があるのですが、自分で解釈して下さい。


そうそう。第十夜にあの松山ケンイチくんが出ていたのだー。
え?誰って、「デスノート」のLですよ。
庄太郎役で出てました。

彼、すごい事務所が押してるっぽくって、どこがいいんだろうー?なーんて思っていたんだけど、なぜか分かったような気がする!!!

なんかね。雰囲気がいいのよ。
スカして笑うところとか(もち演技だけど)。
黙ってれば男前なんだなぁー、と思った。
明治の着物姿もグー!!
今更、注目していきたいと思います。

映画の内容は・・・。
まぁ、黙って観て下さい・・・。
特に第六夜(監督は松尾スズキ)がオススメです。
超笑いました・・・。

|
|

« ジャイアント子パンダ | トップページ | 台湾へ行った事3 »

コメント

松山ケンイチ、デスノートのLはホントハマリ役だと思う。
正直後編は藤原竜也よりも存在感があったよ。

緒川たまきって「トリビアの泉」のガセビアの沼で「嘘つき」って言ってた人でしょ?すごいきれいだよね。とても34歳とは思えない。

ところで映画「SAW3」が今とても楽しみです。1&2、DVD持ってます。加美能観た事ある?超おすすめだよ。

投稿: 島左近 | 2006/11/18 23:16

島ぴょん。

原作読んでないからわからないんだけど、Lってさー原作に忠実でハマリ役なの?それとも、独自のLでハマリ役なの??
Lは、顔が白いから全然いい男っぷりに気付かなかったよー。
松山ケンイチ、これから大注目だわー。
ちょっと笑うとダメなタイプだけどね。彼、笑わなければいいね。

緒川たまきは、そうそう。「嘘つき」の人。
なんだか癒し系なのに色気があるの。
女子にも嫌われないタイプ。

SAWって、なんか恐い映画じゃないのー?
恐いの見れない。
夜、寝ようと思って目を閉じると必ず思い出しちゃうからさ。

投稿: 加美能 | 2006/11/19 03:12

Lは原作読むとわかるけど、ホント忠実に再現してる。松山ケンイチ以外では考えられないくらい、ハマってる。

緒川たまきはホント色気あるねー。あんな人が彼女だったら、人生が180度変わるくらい、幸せを感じられるんだろうな。

SAW3観てきました。1、2に劣らず残酷描写が満載でした。SAWシリーズは最後の15分間が予想もつかない展開になるんだけど、3も期待どおりでした。なんか4に続きそうな終わり方。謎も多く残ったし。ぜひ4も作って欲しいな。
確かにSAWは怖いけど、すっごくよくできてる作品だよ。SAWの大ヒットでSAWに似たパクリ映画がたくさんアメリカや他の国でも作られた程、映画界に大きな影響を与えた作品です。あと他に「ファイナルデステネーション」シリーズも超お勧め。こっちもホラーだけどね。

僕はホラー大好き。ゾンビとかエイリアンとかジェイソンとかほぼ全て観てる。日本のホラーも好き。中でも呪怨シリーズは、僕ですら怖いと感じました。幽霊系は苦手です。でもついつい観ちゃうんだよなぁー。

投稿: 島左近 | 2006/11/20 23:29

とにかく、松山ケンイチがいい!という結論だなー。
うーん。やっぱいいな。彼。

投稿: 加美能 | 2006/11/27 11:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38616/12665407

この記事へのトラックバック一覧です: 東京国際映画祭/ユメ十夜:

« ジャイアント子パンダ | トップページ | 台湾へ行った事3 »