« 映画の感想は・・・ | トップページ | 天保異聞 妖奇士のDVDが・・・ »

2007/01/04

怪~ayakashi~の化猫

見てしまった。。。
怪~ayakashi~の化猫。。。

やっぱり感動してしまったじゃないか・・・。

薬売りの男は、陰陽師みたいなものですかな。

あらすじは。
江戸時代のとある武家屋敷。
孫娘の嫁入りが行われようとしていた。
しかし、いざ輿入れという時花嫁は謎の死を遂げる。
「これは化猫の仕業だよ」薬売りの言葉をなぞるように次々と起こる怪死事件。
おびえきった人々の前についに化猫が姿を現す。
化猫がその家の人々を狙うのは、その武家にまつわる、恐ろしい狂気の出来事があった・・・。



書いてるうちにたぶんネタバレしますから、この先を読むかは各自で判断して下さい。


やっぱり物の怪とか怨霊って、人間の恨みとか妬みから生まれるのよね。
って改めて思った。
やっぱり今でもいるに違いないよ。怨霊。

当主のおっちゃんが過去、花嫁行列から拉致した珠生。
珠生が命と引き換えに、可愛がって育てたネコ。
そのネコが仕返しに来たんだ。
主人である珠生の無念の思いを知って欲しくて、現れたんだよ。
珠生。無残に、亡骸を井戸になんかに捨てられて・・・。
せめてお墓に葬ってあげれば、ネコが仕返しになんか来なかったよ。

花嫁が家から出ようものなら、ネコは怒るに決まってる。
自分は家に帰りたかったのに、帰してもらえなかったんだもの。

物の怪の理。
確かに、物の怪の物の怪である理由を解き明かしてあげないと、悲しすぎる。


物の怪、怨霊は人の心に宿る。
過去に行った悪行。
その悪行の陰に怯えて生きていく。
その陰に耐えられなくなった時、人は心を病む。
自分を失う事、それは何よりも残酷な罪滅ぼし。

by ワテクシ

|
|

« 映画の感想は・・・ | トップページ | 天保異聞 妖奇士のDVDが・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38616/13327004

この記事へのトラックバック一覧です: 怪~ayakashi~の化猫:

« 映画の感想は・・・ | トップページ | 天保異聞 妖奇士のDVDが・・・ »