« カノッサの屈辱 | トップページ | 大失恋の経験って・・・ »

2007/01/28

「ユメ十夜」の・・・舞台挨拶(頼りない)レポート提出

あ、さてー。

「ユメ十夜」を渋谷まで(超わざわざ)観に行ったんですけど。
しかも2回目だよ。「ユメ十夜」

車で行ったけど、駐車場は渋谷区役所前公共駐車場がオススメよーん。
今回は違う所に駐車しようと思ったがー、結局いつものトコになってしもぅた。

やっぱり全体的には面白かったですな。

第一夜 → まぁ目がチカチカする不思議なイメージで百年。
第二夜 → 静かにモノクロ。悟れないオレ。私なんて悟りだらけ。
第三夜 → お前が俺を殺したのは百年前じゃなかった。
第四夜 → 漱石って名前じゃなくて、本名の金之助じゃない?突っ込んでみた。
第五夜 → なんか、ちょっと意味分かった。でも原作の方がいいかな。
第六夜 → 文句なく面白いです。最後の最後まで。
第七夜 → こおいうの、割と好きです。音楽ステキ。
第八夜 → えーっと。凡人な私には意味不明。
第九夜 → やっぱり緒川たまき素敵すぎ!
第十夜 → 松山ケンイチくんを知ってる人は、「え?松山くんってこんな意外な役をやるんだ」っていう感想を持てると思う。

改めて観た今はこんな感想?かなぁー。
そおいえば去年、渋谷で阿部サダヲと遭遇したことを思い出した。

んで映画が終わった後に、舞台挨拶だが。
なんだか・・・。皆さん、お疲れな感じで。。。
軽くブルー。

でもまぁ、松山ケンイチ君を近くで見ることが出来ました。
やっぱ超いい!
あぁ、抽象的でスイマセン。
黒いスーツ姿で(もちろんシングルの)、上のボタンだけしてましたね。
やっぱり背が高い。
やっぱり手が白くて綺麗。
やっぱりノドボトケ最高!
入って来た時は、目線はA列(最前列ね)の方に向いてたんだけど、その後はずーっとどっか違う世界を見ているようでした。

え?目が合ったと思い込んでいるのは私だけ?
ファン特有の勘違いか!!!
ブハッ!
こんな事言ってると、ブスの研究に載せられちゃうよ!!!

一緒に行った友達は、清水監督とものすごく目が合ったようです・・・。
いいんだか悪いんだか。
なんか恥ずかしくて松山くんを見れなかったそうで、清水監督の方を向いちゃってたみたいですな。。。ハハハ。

香椎由宇ちゃんは、顔ちーーーーさくて可愛いけど。
視線がどっか行っちゃう事が多いみたいで。
無愛想な人だ、と勘違いされるタイプだと思われます。

なんか、実はビビっちゃって、皆が何を言ったかあんま覚えていないんですがー。

松山君は、「腰が痛い」って言ってましたねー。
清水監督か堀部さんが話してる時に、松山くんが香椎さんに話しかけてたのよね。
なになに?と思ってたら、話終わったらマイク貸して、っぽい事を言ってたと思う。
山口監督と二人で話そうと思って、マイク借りたみたい。
後は、「第二夜が共感出来るんですが。」と最後に言ってたな。
退場の時は、ちゃーんと深々お辞儀していましたよ。

あ。
司会の人が、キャストのテンションの低さをフォローするように「皆さん、忙しいスケジュールの間に舞台挨拶に来て頂きまして。」とか言ってたんだけど。。。
そうなんだけど。分かるんだけど。
それは、こっちも同じでさー。
地方から(超超わざわざ)来てる人もいるんだろうしー。
芸能人ほど忙しくはないけどさー。
ってイチイチ突込みを入れたくなる私って、今はかなり性格悪いっす。
なんか疲れてるのかな・・・。

その、お疲れな感じと、その司会の人のその台詞が相俟って。。。
なんだか、ビミョーな気持ちになったのであった・・・。

そ、それと・・・。
冬になるとよくいるんだけど、息を吸うと鼻がピーピー鳴る人いるじゃない???
そのピーピー音が聞こえてきてー。
私、あの音すごく気になる人なのよ。
なんか高い音ダメみたいで。たぶん私の耳の周波数に合わないの。不愉快になんの。
トイレで鼻かんでこぉぉぉぉぉぉぉい!!!!って思うんだけど。
あれって、本人は聞こえないの??え?鼻鳴ってる人よ!!!
その男子の彼女とかも聞こえないの?(←すでに男と限定。)

つーか男子が多くない?鼻鳴ってる人。
男子には聞こえづらい周波数なのかな??

舞台挨拶に行くまでは死ねない!と思ったけど、無事に辿り着いてよかったわ。
行くまでもドキドキよーぅ。
何しろ死ねないからさ。超安全運転。
高速道路から「あ、六本木ヒルズだー」とか思えなかったし。。。
「あ、東京タワーだー」は思ったけどね。。。
東京タワーはデカくて視界に入るから。

ブログ書く前に、皆はどんな風に書いてるのかなぁー?なんて思って見てみたけど。
結構色々あるんだね。松ケンファン達。。。
ま、若い子が多いからなのかな??

しょうたろさん

Photo_1

|
|

« カノッサの屈辱 | トップページ | 大失恋の経験って・・・ »

コメント

コメントありがとうございます!

>>ブスの研究に載せられちゃうよ!!!
にうけましたww

>>「腰が痛い」って…一体どういう流れで腰が痛いと…

>>ピーピー音って…またうけました。周波数ってもう、面白すぎですよ

いやーキャストの皆さんテンション低かったんですかね?
そうですよね、地方から遠征してきてる人もいるんでしょうし、仕事なんだからサービスしてくれてもいいんじゃないかな…とレポをよんでおもいました。

投稿: 松フリ | 2007/01/29 00:55

松フリさん、コメントありがとうございます。
キャストの皆さん、ホントにテンション低くて・・・。
3回目の舞台挨拶っていうのもあったと思うんですけど、司会者さんの質問に対する返答もやっとって感じでした。
普通だったのは清水監督位でしょうか・・・。

テンション低い的な事書いて松ケンファンに怒られるかな?と思いましたけど、分かって下さる方もいて良かったです。
文章ってどう伝わるか分からないとこあるので。

投稿: 加美能 | 2007/01/29 03:34

そうですね、結構やばいですよ、その反応。
もっとも言動だけでブスの研究対象にはしませんけど。

投稿: NB | 2007/02/02 15:06

NBさん、こんばんは。

あぁ、やっぱりやばい反応ですよねー。
まぁ真実は私のみぞ知るって事で。

まぁワテクシも十分不細工ですけどねー。
自分の行動を客観的に見てみれば、面白いネタがありそうです。

投稿: 加美能 | 2007/02/05 18:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38616/13686372

この記事へのトラックバック一覧です: 「ユメ十夜」の・・・舞台挨拶(頼りない)レポート提出:

» ぎっくり腰をぶっとばせ!腰痛に負けない [ぎっくり腰?]
「えっ?」 一瞬何が起こったかわからなかった。 と同時に虹色の稲妻が、尾てい骨の先から 脳天めがけて走ったような気がした。 もう立てませんでした・・・。 [続きを読む]

受信: 2007/01/28 14:55

» 「ユメ十夜 第十夜」 山口雄大監督(2007年) [松ケンフリーク!松山ケンイチファンサイト/デスノート/NANA/男たちの大和/ユメ十夜/神童/蒼き狼/渋谷怪談2/不良少年の夢/ウィニングパス]
松山ケンイチ 22歳 as 庄太郎(町一番の色男) まずは軽く各夜の感想でも。予算はすべて同金額だったそう。製作時間はマチマチみたいだが。 1夜→一番、夏目漱石らしいと感じた。正統派。松尾スズキ出ていたことにあ... [続きを読む]

受信: 2007/01/29 00:50

« カノッサの屈辱 | トップページ | 大失恋の経験って・・・ »