« 日帰り京都/大極殿跡 | トップページ | 仙洞御所参観!! »

2007/07/22

日帰り京都/神泉苑

今日は、神泉苑ですね。

地図はこちら

いつか行こう、行こうと思って、やっと行けました。

神泉苑の勝手なイメージ → 即位前の嵯峨天皇空海。。。

嵯峨天皇桓武天皇の息子ですけど。
長男じゃないので。
結構ゆる~く生きていたみたいで、この神泉苑でゆる~く遊んでいたという勝手なイメージ。
お兄さんが即位したので、皇太弟に立ちますが。
というか・・・。子供多すぎ!!!!
たぶん、50人以上?
あまりに多くて皇族にしておけないって事で、源姓を与えて臣籍降下させてますね。

この時代、ついに藤原北家が台頭してきます。
藤原冬嗣蔵人頭に就任し、最後は左大臣まで登りつめます。

ちなみに嵯峨天皇のお兄さんは平城天皇
年上の薬子に溺れちゃったために、色々大変だったねー。
兄弟というのは、父母ともに同じ人のことを言います。
父親が一緒でも、母親が違うと兄弟と言いません。

空海っていう事は、真言宗の寺って事ですね。
一応、竜神様が住んでいるんですよ。
空海が雨乞いの祈祷をやった場所としても有名です。
まぁ、空海が雨を呼んだかどうかは分かりませんが、この空海さんは、天才だと思います。
きっと天気が読めたんでしょうね。
もしや!!私みたいに低気圧が近づくと、腰が痛くなったとか・・・。
後ねー、結構政治的にもうまく立ち回ってたと思う。
同時代の最澄さんは、ドロドロした政治世界は苦手っぽかったし。


今は、ちっちゃくなっちゃってますが、昔は八町もある禁苑だったんです。
普通、貴族の家は一町ですね。
光源氏は四町の大豪邸。春夏秋冬の屋敷でしたね。

天皇や貴族達が管弦の宴を催したみたいですよ。
池に船なんか浮かべちゃってねー。
男子が女子の顔を見る最大のチャンスだと思われる。

あ、平安時代の貴族男子が女子の顔を見たことがある、っていう台詞があったら・・・。
これは肉体関係があると思っていいです!!

平安時代の女子は、ほっとんど外に出ることがないし、男子と会う時は御簾越しなんで。
男子は、御簾越しに見える影とか、御簾からはみ出ている着物の重ね具合のセンスとか歌とか、お香の香りのセンスとかで、この女子に恋文を出そうとか決める訳だから。
難しいよねー。。。
いざ肉体関係になって顔を見たら・・・。ブサイクだった・・・。って事も。
光源氏末摘花・・・。

かつては男子は女子の家に通うのが普通で。
これ!!(出世に繋がりそうな)っつう女子を見つけると、その家に転がりこむ訳です。それが一応正妻って事。
顔がいい女子とか、色気のある女子は、遊びで十分です。
なので、財産は女子が相続していたんですね。
基本的に、日本は女系中心家族です!!!いい時代だー。

家に女子が生まれないと話しにならない訳だ。いい時代だー。

あぁ。また逸れた・・・。


そんな優雅なイメージで行ってみて下さい。

Dsc03125 Dsc03127_2

Dsc03124


次は、藤森神社ですねー。

|
|

« 日帰り京都/大極殿跡 | トップページ | 仙洞御所参観!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38616/15839644

この記事へのトラックバック一覧です: 日帰り京都/神泉苑:

» 京都で新築一戸建て情報 [京都で新築一戸建て情報]
京都は、日本の歴史的都市。 [続きを読む]

受信: 2007/07/22 15:49

« 日帰り京都/大極殿跡 | トップページ | 仙洞御所参観!! »