« 松ケンとついに | トップページ | 今回のネイル »

2008/01/26

という訳で「L change the WorLd」の東京試写会

という訳で、昨日「L change the WorLd」の東京試写会に行ってきました。

会社休めない日だったもんで(月に何回かある、這ってでも行かなきゃいけない日)、微妙な時間に帰らせてもらい、有楽町に着いたのは4時半くらい。
(寒すぎで、ホントは車で行こうと思ってたのに~!!)

先輩のために、帝国劇場に立ち寄ろうかと思ってたんだけど、無理だった。。。

国際フォーラムに到着したら、外に列が。

げっ!もういややーー!!外で並ぶのいややーー!!
ザ少年倶楽部の悲劇が再び!!!とか思い。。。

しかも先日、久々にかなりツライ風邪ひいたばっかりだったんで(だから人セクの舞台挨拶チケット発売日に参戦出来なかった。)、後ろの方の席でいいから、豆ケンでもいいから、どっかで時間潰そうと思ったら・・・。
オフィス街で何もない。
反対側の銀座方面に行けば、色々あるんだけど、寒すぎで気力もない。

結局、並んだ・・・。

寒かったーーーー。一人だし、やっぱり寒かったーーー!!!
なんか、美術館チックなとこがガラス越しに見えたんだけど。
そこに座ってたカップルがイチャイチャしてた。
バカー!!!!
そんなの見ても、暑くはなれないじょー!!

結局5時半位?に室内に入れた。
室内で並んだ。でも寒かった。

開場時間になり、みな走る。
一人っ子のせいか、何かにガツガツする事が出来ないワタクシ。
恐怖・・・。こえぇ。。
女子高生が、恐れおののいてた。
ワタクシも恐れおののいて、入り口の方を見れなかった。
ゆっくり会場まで行きました。

試写会のハガキ、くれたりするのかと思ったら、くれなかったね。
まぁ、ワタクシは1枚残っているので、記念に取ってある。

ホールに入ったら、なんか来た事あるような記憶が。
あら?エンニオ・モリコーネの時、来たかも。

ちらほら空きがあったんだけど、前の方はもちろん皆さんガッツリ座ってた。
開演時間前にやりたい事(トイレとか)があったんで、中ほどだと出たり入ったり迷惑だと思い、ワタクシは一つポコっと空いてた通路側に座ってみた。
前から14列目位かな?
この席がミラクルを呼ぶとは・・・。

そして、やっと開演時間になり。
うきっ。久々の生ケンですよ~とワクワクドキドキしていたら。。。
司会の方が、「松山ケンイチさんが来て下さっています。」っていう言葉を発したら、なんか急に会場が明るくなった。

なんと!松ケン客席の後ろ側から登場!!!!!!
ぐわっ!!!


会場には、通路が2つ。
どっちの通路を行くんだ!!!と、よぎる。

え?
ヤバイ!!!ワタクシがいる方の通路を歩いてくる!!!
ええーーー??ワタクシの横を通るのーーー??

皆が手を出す。
両手で皆と握手しながら進んで来る松ケン

あぁぁー。
すごい人数が手を出してるから、ワタクシの手が選ばれるか分からない。

とりあえず、松ケンの手の位置を凝視。
ザ・ガン見!!!
(おかげで顔の記憶がちょっとしかない。。。)
一人だけど、勇気を持って、恥じらいを捨て、若干控えめに手を出すワタクシ。

あぁ!来た!

ガシッ!ぎゅっ・・・。

うぁぁぁぁぁぁ!!!!!
ワタクシの手が選ばれた!!!!


触ったとかじゃなくて、まじでマジで本気で(一瞬の)握手だった。
だって、握り返してくれたもん!!!


感触っていうか、感覚っていうか、今でもちゃんと覚えてます。
手フェチのワタクシは、松ケンの手も大好きです。
なんか、いい感触でした。
ツルツルのお手手。ほっ。

そして、過ぎ去る松ケンの後姿を見送る。
(席移動がすごくって、やっぱり恐い・・・。)

あぁ。ついに松ケンに触ってしもうた。
ありがとう。。。ユメ十夜に出演してくれて、ありがとう。

手は、もう洗った・・・。
風呂入ったし。
つーか、風邪があんまり辛かったもので、帰ったらすぐ手洗い・うがいしてるのだわ。
そりゃ、松ケンも大事だけどさ。
やっぱ、自分の健康にも気を使わないといけない。
年取ったもんで、風邪ひくと直りが悪いのねぇ~。
会社休むと、いろんな人に迷惑かけるしね。

でも、感触覚えてるし大丈夫っす!!

去年は、目が合った。(これは、思い込みじゃなくて、ホントに。)
今年は、握手した。
次の目標は、「目を見て握手」にしようっと。
徐々に上げていかないと、いきなりは無理だから。

そして、舞台挨拶に突入。
松ケンが何を言ったか、じぇんじぇん覚えてない。
だって、♪ドキドキが止まらない♪
って感じだったんで。

うろ覚えっぷりもいいとこなんで、すみません~。
挙げ句、かなり端折ってます。

「3度Lを演じて、気を付けた点は?」と聞かれて、
デスノートでは、Lの喋り方、動きに気を付けていました。
今回は、Lの感情が入っています。


「今までのLとは違うという事ですか?」と聞かれて、
そうですね。
Lを作り直しましたという感じです。


「中田監督と仕事されて、どうでしたか?」と聞かれて、
監督って面白いんですよ。
というか、変なんですよ。
人と違う笑いのツボで。
普通、演技のキッカケって助監督が出すんですけど、監督自らキッカケ出したりとかして。
ブザーの音とか「ファンファンファン」って自分で言ってました。
いい雰囲気で撮影出来ました。


「福田麻由子さんは如何でしたか?」と聞かれて、
福田麻由子さんは、テストが近くて。中学生なんですけど。
(中間?)テストの勉強ばっかりやってて、あんまり話せなかったですね。
でも、
セクシーボイスアンドロボが好きって言ってくれて。
僕が去年やってたドラマなんですけど。
何でも聞きなさい、って言ったんですけど、すごいマニアックな事聞かれて。
二湖の親友、ちょっと名前忘れちゃったんですけど、その二湖の親友の苗字を教えて下さいとか聞かれて。
結局、答えられなかったんですけど。
台本にも書かれてないんですよ。

それから、ドラマの話はしなくなったんですけど。


そんで、その後、L FILE No.15をサイン入りで10名様にプレゼント。
松ケンが自ら席番号を選んで、10名ピックアップ。
2階席、誰も座っていない席を選択。
プッ。
うまくいかないものですねぇ~。

ワタクシは、こおいうの当たらない人なんで。
予想通り、列もかすらないしー。
すっごい祈ってる人がいたんだけど・・・。
キリスト教式?に祈ってた。
そおいうのは、普段から信仰してる人じゃないとダメなのよー。
ワタクシは普段の行いが悪いから、当たらないの。

男子が2名もいたよ!
すごい婦女子率高かったのに。

松ケンサイン「L」と書いていてくれたそうです。

色んな意味で、微笑ましかったっす。
そして、この時間結構長かったです。


最後に、「L change the WorLd」の見どころを教えて下さい、と聞かれて
これから見てもらうんで、何も言う事はないんですが。
作品を見て良かったら、周りの人に良かったって言って下さい。
後、この映画は今までのLとは違う物語です。
Lの違う一面も見て下さい。


その後、なんか左側を向いて変な顔をする松ケン

クション!!!

くしゃみだった。
ブハハハハハ!!!

そして、ハケて行く松ケンだったが、ソデで止まる松ケン
もう一言。
エンドロールの後も、特別な映像が流れますので見ていって下さい。

との事。

そうして映画が始まったのでした。
まぁ感想は後日。
ロードショーしてからにします。
ここまで、あまりにも長く書きすぎた。


全然関係ないのだけど。
レニー・クラビッツって、なんか久々だな。
ヴァネッサ・パラディのプロデュースしてた。
当時買ったよ・・・。
付き合ってると噂があったけど、今じゃヴァネッサは、ジョニー・デップの相方。
結婚はしてないかも。
だけど、子供が二人。


そんなこんなで、帰り道。
こんな歌な感じの、道程でした。
 ↓

帰り道
顔のニヤニヤ
止まりません

妄想ばかり
すすみます



やっぱ。

好きです!!

|
|

« 松ケンとついに | トップページ | 今回のネイル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38616/17841333

この記事へのトラックバック一覧です: という訳で「L change the WorLd」の東京試写会:

» Perfume -芸能情報 [Perfume -芸能情報,という訳で「L change the W]
 Perfume(パフューム)は、広島県出身の女性3人組テクノポップアイドルユニット。アミューズ所属、レコードレーベルは徳間ジャパンコミュニケーションズ。 [続きを読む]

受信: 2008/01/26 22:15

« 松ケンとついに | トップページ | 今回のネイル »