« 夏祭りにっぽんの歌~~ | トップページ | とうとう来ちゃったね »

2008/07/05

クライマーズ・ハイ初日舞台挨拶@新宿

土曜日なのに、7時半に起きて新宿に行ってみた。
土日はいつも、午後4時位まで寝てるんでね。
すごい早起きですよ。

それもこれも、クライマーズ・ハイの初日舞台挨拶を見るためです。

あ、またしても詳しいレポはしない。

そもそも、観てみたい映画だったんだ。
予告編を観て、これは観たいな~と。
舞台挨拶には、堺雅人さんも来るっていうから。
(実は堺さんの事は、「ココニイルコト」っていう映画で前野君だった時から好き系だったんだけど、今まであんまし公言してなかったりして。。。この前、sakusakuにもVTR出演してくれた~。)

舞台挨拶付きチケットのプレやってたんで、申込みしてみたら、当たった。
やっぱり、一人だと当たる確立高いんかな?

新宿、久しぶり。
伊勢丹に車停めた。
映画の後に、青木定治さんのお店行こうと思って。
青木さんのお店のクッキー大好きなんだよー。
開店前から待ってる人って、本当にいるんだね~。
結構いっぱいいて、びっくし。

今回は、上映前に舞台挨拶でした。
いちお、恋愛新党党首さんとは、直線で繋がってた。

どんな意味だーーー??

登壇者は、堤真一堺雅人尾野さん原田監督

席は超中央も中央。おへそな感じ。
前から10列目位。

あのね。。。
やっぱり、堤真一って・・・。

カッコイイんだけど~~~。
なんつーか、雰囲気あるっていうか。
いいなぁ~。
大人の男性って感じで。
しかも、すっごいスタイルがいいんだけど!!!
スーツがすっごく似合う!!!
そりゃ、共演者も落ちるってもんよ。

堺さんは、相変わらず頭の回転が速い方でしたなぁ。


映画の方はですね。

かの日本航空123便墜落事故を追う地元新聞社の記者の話。
その日はお盆だったよね。
ワタクシ、田舎に帰ってる時だった。
夜が明けると映像が流れて、子供だったワタクシにも大変な事が起こったっていうのは分かった。

映画は、2時間以上あったと思うんだけど。
あっという間だったなぁ~。
これは、映画館で観た方がいい感じします。
毎日、明日が気になってしょうがないっていう。←観たら分かります。

ワタクシ、映画館で泣く事ってあんまりないんだけど。
最後のシーンで、一筋涙が流れてしまった。

にしても、監督が「新聞社のシーンはエキストラ一人も使ってない。全部オーディションで役者を選びました」って言ってただけあって、新聞社のシーンはすごかった。
こっちも緊張しちゃったよ。

一面に何を持ってくるとか、スクープ抜くとか、かなり壮絶。
時間との勝負だし。
社会人なら、あぁ!分かる!って思う事いっぱいあったよね。
新聞社程じゃないけどさ。
上司と揉める事とかさ。←ワタクシは直の上司と揉めた事ありません。

この後は、若干ネタバレ。

現在の悠木和雄のシーンから始まる訳だけれども。

チョイチョイ現在と過去のシーンが入れ替わるの。
だけど、クッキリハッキリ分かれてるから、結構大丈夫。

残念なのがねぇ~。
声が聞こえづらいとこあったの。
最初の方の川の場面とか、川の音が大きくて役者の声とかぶっちゃってね。
背景の音は、もっと小さくても良かったかも。

後は、本当に良かったです。
新聞社の中のシーンとか、本当に新聞社じゃないの?って感じだったし。

新聞社なんだけど、やっぱり株式会社なんだな、っていう感じも分かったし。
無線買ってくれないとかね。
経費でモノ買うのも大変よね。

おもわず涙が流れちゃった最後のシーンは、悠木さんが車で走っているシーンなんだけど、なんかそのシーンに色々詰まってる感じがして。

|
|

« 夏祭りにっぽんの歌~~ | トップページ | とうとう来ちゃったね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38616/41747838

この記事へのトラックバック一覧です: クライマーズ・ハイ初日舞台挨拶@新宿:

« 夏祭りにっぽんの歌~~ | トップページ | とうとう来ちゃったね »