« 篤姫 | トップページ | ノンノの「心動」 »

2008/08/23

とうとう最後の本

ここ何年か、山本周五郎作品を読破しようと思って、せっせと読んでいたわけだけれども。

とうとう最後の一冊になってしもうた。

最後の一冊は、
泣き言はいわない
っていう作品。

彼の作品から集めた、名言集。
全作品読んでる訳だから、一度は触れた事のある台詞なんだけど。
覚えてないのも、あるさ。。。

まだ読んでる途中だけど、頭に残った言葉。


絶望は毒の如く甘い

人間って悲しくなくっても、ときどき泣かないと体に悪いんじゃないでしょうか

人間ならまず生きることを考えるべきだ

世の中はどっちへまわっても苦労なものだ、それならせめて自分の生きたいように生きてみたい・・・


にしても、ながい坂からの引用がかなり多いな。
次は赤ひげ診療譚かな。

|
|

« 篤姫 | トップページ | ノンノの「心動」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38616/42244264

この記事へのトラックバック一覧です: とうとう最後の本:

« 篤姫 | トップページ | ノンノの「心動」 »