« ヨコヨコ@ザ・クイズショウ | トップページ | 突然だが、ヒガシの話 »

2009/04/20

超突然だが、山姥の話

何で突然ね。
山姥かってね。
読んでる本に出てきてね。←山姥が出てくる本って、一体どんなだよ?

大学の授業で習った、山姥の話思い出した訳。←大学の授業で山姥って、一体どんなだよ?国文学だよ!


山姥。やまんば。
鬼婆。おにばば。


でも、元々は「山母」とか、「山姫」って感じなのですよ。


各地で色々伝説があってね。

金太郎の母親は、山姥っていう伝説まで。。。
いや・・・。
きんたろは、坂田金時の幼名なので、人間の子ですが・・・。
頼光四天王です。
金時豆の名前は、この人から取ったのだ~~!!

怒ると、顔が赤くなったかららしいぞ~~。


ちなみに息子の金平は、きんぴらごぼうの名前の由来の人!

怪力だったらしいぞ~~。



あ、んで。
私の教わった山姥伝説ですが。
(どこの山姥伝説かは、忘れた。)

かなり気持ち悪いので、嫌な人は読まないように。





その女は、ある屋敷に乳母として上がる事になった。
その際、自分の生んだ赤子は家に置いて行くことになり、その後、自分の子供とは会うことはなかった。
屋敷で生まれた姫の乳母として勤めたが、その姫は口が聞けない病であった。
さる筋から、「胎児の肝を食べれば、口の聞けぬ病は治る」と聞いた。
姫の病を治すためと、乳母は妊婦を探す。
妊婦を探すも、決心がつかぬこと故、年月だけが過ぎて行った。
とうとう、胎児の肝を手に入れる決心をし、妊婦を殺して胎児の肝を手に入れたが、その殺した妊婦は、かつて家に置いていった自分の子であった。
その事を知った乳母は、発狂し山姥になったのであった。


衝撃的~~!!!


あっさりしとるけど、衝撃的でした・・・。
これでも、結構表現をゆる~~くしたんですけど・・・。
ホントは、もっとすごい表現なんだぜ~(;;;´Д`)

そりゃ、発狂もするでしょう・・・。

しかしさー。
伝説って事はよ。
実際に起こった事に、80%位脚色してる訳じゃない?
日本人てさ。
こーゆーグロくて、残酷なお話をよく思い付きますね・・・。
さすがです・・。



皆さんは、大丈夫でしたかね??

後味わるーくさせて、すんません。

|
|

« ヨコヨコ@ザ・クイズショウ | トップページ | 突然だが、ヒガシの話 »

コメント

加美能さん、こんばんは~。後半戦当落も出た今日この頃、いかがお過ごしですか??
私、この手の話嫌いではないです。つーか、日本のエログロ土着系(?)本も持ってます~。
「日本の鬼女伝承となんたら」(タイトル失念)ってのに加美能さんが書いておられるのと似た話がてんこ盛り!
近ければ押し貸しに馳せ参じるのにぃ~!と残念でなりません。

専門に学んだわけではないですが、私もどうも日本の歴史やら風俗やら民俗学的なことに興味があるようです。
また面白いお話聞かせて下さいね。

あ、ちなみに東京は行き当たりばったりです~。
あちらで友とは会いますが、私一人分のチケットくらいどうにかなるだろ。的な緩い考えでおります。
加美能さんにお会いしたい。ので、後日また書かせて貰いにきます~☆

投稿: あき | 2009/04/29 19:34

あきさんヽ(´▽`)/

こんばんは~~。
当落の発表で、ぐったりの加美能ですけれども~~。
全然電話がかからない(-゛-メ)

鬼女の本て~~!!
てことは、橋姫とか・・・。
絶対、渡辺綱の話ありそう・・・。鬼女に飛ばされて北野天満宮に落ちた話なんですけど。
後は、丑の刻参りとか・・・。

なぬ?東京は行き当たりばったりなんすか?
私も最近は行き当たりばったり好きです☆
午前中は会社行って、午後から行こうと思ってます。
そーすっと、時間がかなり空くので、あきさんの都合が良ければお会い出来ると思いまふっ!

投稿: 加美能から、あきさんへ | 2009/04/30 00:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38616/44731907

この記事へのトラックバック一覧です: 超突然だが、山姥の話:

« ヨコヨコ@ザ・クイズショウ | トップページ | 突然だが、ヒガシの話 »