歴史関係

2010/07/27

2012年大河ドラマ「平清盛」だってー!

これ、出てた!

http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/nikkansp-p-et-tp0-100723-0003/1.htm

歴史上、誤解されてる人NO.3(←当然、私の勝手なランキングです。)の清盛ですが。
実際のとこ、清盛は頭の良い、部下の言う事はちゃんと聞く人です。
まぁ、会った事ないんで、絶対か?って言われるとね。
自信ないですけど。
そら、「平家物語」なんて源氏の時代に書かれたものだからさ。
悪く書くに決まってるであろう。
「源平盛衰記」を読もう!

何しろ、一族に恵まれてなかったような。
清盛と時子はいいんですけど。
重盛(←時子の子ではない。俗に言う小松大臣。)と知盛以外の一族がねぇ。

宗盛は、あんなだし。
重衡は、奈良の大仏焼いちゃうしさ。
維盛も、仕方ないけど貴族だしさ。。。
皆、貴族な暮らししてたんだから、そりゃね。

何しろ、娘っ子の徳子が。
イマイチ!
自害の際(壇ノ浦で入水です。)、浮いてきちゃったっていう。
母上の時子と安徳天皇は、浮いてこなかったっていうのに。
それ以前に、調停役が上手くなかったよね。きっと。

挙句の果てに、義経がさ~。アホー。

まぁ、全ては清盛さんが亡くなった後で良かったよ。

戦国時代、アホな娘は政略結婚に使って貰えなかったんだって。
だから政略結婚に出されるっていうのは、使える娘って判断された訳だし、ある種のステータスだったように思う。
政略結婚なんて可哀想、とか思ったらダメです。
私達と同じ感覚じゃないです!
(アホな娘を政略結婚に出しちゃって、悲しい結末になった家は徳川家な気がする。)

「平氏にあらずんば人にあらず」って言ったの清盛じゃないし!
平正盛(清盛の祖父ちゃん)時代から馬鹿にされ続けた武士。
忠盛(清盛の父ちゃん)も目の事で馬鹿にされ。
高平太と馬鹿にされた、若き頃の清盛。
ちゃんと色々分かってるし。


ちなみに私の中の誤解されてるランキング
①今川義元
②吉良上野介
③平清盛
④織田信長
⑤源義経←この人ばかりは、良い方に誤解されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/06/18

聞いてみたいことがある・・・

そりゃ、邪馬台国とか、何処にあったか知りたいは知りたい。
石舞台が、誰の墓なんだか知りたい。
仁徳天皇陵は、ホントに仁徳天皇陵なのか知りたい。

けど!

やっぱりあの人に聞いてみたい。


「なんで、信長を討ったんですか?」


こればっかりは、本人に聞いてみないと分からないからなぁ。

ねっ。明智光秀さん!


なにげに、私が支持している説は。

「ただ天下を取りたかったから。」
っていう、説・・・。

ウプ。単純すぎる。
でも、一番ありえそうなんだもん!


光秀さん、あっさり言うかもよ。
「ただ天下人になりたかったんだ。」って。。。


時は今 天が下知る 皐月かな




信長さんは、天才だし我慢の人だと思う。

コネタマ参加中: タイムマシンがあったら、どの時代に行きたい?

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009/05/24

信之と信繁

誰って。

真田信之信繁なんですけど。

信繁って誰じゃ(`Д´)

って思った人おると思いますが。
俗にいう、真田幸村だ~ね~。
武田信繁ではない。

本名は信繫です。

なんかね。来週の天地人に出てくるっぽいから思い出した。


とにかく、信繁の方が有名で。
信之さん、なんとなし影の薄い人だけど。

でもでも。
今、存在してる真田家っつうのは、信之さんの子孫なんだぜ~~。


昌幸・信繁→石田三成派

信之→徳川派
(ちなみに、信之の室は本田へーはちろー忠勝の娘。これすごいって。)


父ちゃんと弟が、西軍に与しちゃったもんだから、関ヶ原の後も結構苦労したみたいだし。
てか、秀忠には好かれるわけなさそうだものねぇ。。。
関ヶ原遅参事件・・・。

だけど、改易もされず、頑張った。
やっぱ、細君の器量もあると思うし。
(千姫みたいのもあるしね。。。)



う~~ん。
これは、致し方ないよね。
やっぱり、家系を絶やさないっていうのが、一番の目的。
源平の時代から、武士はそうなのだもんな。

結局、血の絶えた家は、武士として負けって事になるのか・・・。


それにしても、一番うまい事生きてきたのは、細川家だと密かに思っているんだが。
すごい時代を読むのが上手いよね。
歴代当主それぞれ、くぐり抜けて。
一番はやっぱし。
細川幽斎(藤孝)だと思ったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/04/20

超突然だが、山姥の話

何で突然ね。
山姥かってね。
読んでる本に出てきてね。←山姥が出てくる本って、一体どんなだよ?

大学の授業で習った、山姥の話思い出した訳。←大学の授業で山姥って、一体どんなだよ?国文学だよ!


山姥。やまんば。
鬼婆。おにばば。


でも、元々は「山母」とか、「山姫」って感じなのですよ。


各地で色々伝説があってね。

金太郎の母親は、山姥っていう伝説まで。。。
いや・・・。
きんたろは、坂田金時の幼名なので、人間の子ですが・・・。
頼光四天王です。
金時豆の名前は、この人から取ったのだ~~!!

怒ると、顔が赤くなったかららしいぞ~~。


ちなみに息子の金平は、きんぴらごぼうの名前の由来の人!

怪力だったらしいぞ~~。



あ、んで。
私の教わった山姥伝説ですが。
(どこの山姥伝説かは、忘れた。)

かなり気持ち悪いので、嫌な人は読まないように。





その女は、ある屋敷に乳母として上がる事になった。
その際、自分の生んだ赤子は家に置いて行くことになり、その後、自分の子供とは会うことはなかった。
屋敷で生まれた姫の乳母として勤めたが、その姫は口が聞けない病であった。
さる筋から、「胎児の肝を食べれば、口の聞けぬ病は治る」と聞いた。
姫の病を治すためと、乳母は妊婦を探す。
妊婦を探すも、決心がつかぬこと故、年月だけが過ぎて行った。
とうとう、胎児の肝を手に入れる決心をし、妊婦を殺して胎児の肝を手に入れたが、その殺した妊婦は、かつて家に置いていった自分の子であった。
その事を知った乳母は、発狂し山姥になったのであった。


衝撃的~~!!!


あっさりしとるけど、衝撃的でした・・・。
これでも、結構表現をゆる~~くしたんですけど・・・。
ホントは、もっとすごい表現なんだぜ~(;;;´Д`)

そりゃ、発狂もするでしょう・・・。

しかしさー。
伝説って事はよ。
実際に起こった事に、80%位脚色してる訳じゃない?
日本人てさ。
こーゆーグロくて、残酷なお話をよく思い付きますね・・・。
さすがです・・。



皆さんは、大丈夫でしたかね??

後味わるーくさせて、すんません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009/02/26

人間の寿命が始まったワケ

人間の寿命が決まったのは、イザナギ命のせいらしいよ。

って、神話の中のお話だけど、なんか面白いなぁと思って。


イザナギイザナミは、夫婦な訳だけれども。

え?何した神様かって。
日本列島を作った神様です。


あらすじ的なものを書くと、

火の神を生んだ時に色々あって(←ナマナマしくて書けない・・・)、イザナミ死す。

イザナミ、黄泉の国に去ってしまう。

イザナギ、どうしてもイザナミに会いたくて、黄泉の国に行く。

イザナギ、腐乱してウジにたかられるイザナミにビビる。

イザナミ、怒る。

イザナギ、逃げ出す。

イザナミイザナギ、黄泉平坂で対峙。

イザナミ「地上の人間を一日千人殺すことにする。」

イザナギ、逆ギレ「それならば、私は一日千五百の産屋を立てよう」

寿命が始まる。

てな感じ。


最近、神様の本を読んでるんだけど。
やっぱり、面白いね。

日本のあらゆる物とか現象には、神様が絡んでいて。


天照が岩戸に隠れるのは、冬至を象徴してるらしいし。
太陽と月が絶対一緒にならないのは(昼と夜)、近親相姦があったからという伝説もあるし。

だから、かなり生々しいのよね。


やはし。
もう一回、古事記日本書紀読んでみようかなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008/11/04

源氏物語三昧

今日はNHKで源氏物語三昧だったわ~~。
あ~。幸せ~~~。

最近、また源氏物語読んでみた訳だけれども。

光源氏め~~!!!
くっそう。いい男すぎだぜ~~。
エロ!!
青海波を是非見てみたいぜ~~。
オッサンになってからもエロ!!

宮中=今の芸能界

みたいなもんかな。

いい男わんさか。
美貌の女子、わんさか。
さらに、教養もないとモテないのよ~ん。
なにせ、歌作れないと恋する資格なし。
あと、センスね。
御簾から少し出た十二単の色のセンス。
これ重要。

惟光やるじゃないか~~。
やるやるとは言われてたけども。
乳兄弟だから、仲良しは当然だけれども。
キレる男だね~。
娘は五節の舞姫だったよな。。。

でも、やっぱり匂宮よね。

女子はね。
昔は夕顔が好きだったけど~。
う~~~ん。誰だろ。
桐壺更衣 → 不幸なイメージ
藤壺 → 意志が弱いイメージ
葵の上 → 車争いですっかり恐いイメージ
六条御息所 → 案外嫌いじゃない
明石 → 耐える女
花散里 → どうでしょう。女として幸せだったのか??
末摘花 → ノーコメント
空蝉 → よう頑張った
朧月夜 → こんな女子になりたい

お。朧月夜だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/09/24

横浜美術館で光源氏

みなとみらい行った~。
横浜美術館行った~。

源氏物語の1000年展に行った。

あぁ。
展示品、凄かったw(゚o゚)w
国宝もあった。
宗達もあった。
初代広重もあった。
ていうか、千代姫(家光さんの娘さん)すごすぎだぜ~。
葵の御紋だぜ~。

皆さんも、行った方がいいよ。
美術館の前は、カップルでいっぱいだよ。
とっても居心地がいいよ。

やっぱり源氏物語って。
いい。

今回は音声ガイド借りてみた。
借りてよかったわ~。

御堂関白記なんて・・・。
死ぬまでに見れたのが嬉しい。
あぁ、道長さん、道長さん。
世間にはどんなイメージだろうと私は、君が好きさ。
やっぱり、字はうまいのだね。
しかし、同じ時代に三蹟がいたからねぇ。
敵うまい。
行成さんが好きです。
本、買いました位です。

もちろん絵が多い訳だけれども。
屏風がすごくて。
どこの場面だ??って悩んでみたけど。
「帚木」の雨夜の品定めは、分かる。
後、「葵」の車争いね。
「紅葉賀」の青海波を踊る光源氏頭中将には、怪しくない程度に興奮~。
あぁ。光源氏が一番輝いていた頃だよー。

なにげに。
女三宮の絵が多い気がしたけど。
てことは、柏木とか。
柏木って、源氏物語の中で一番不幸な人っていう私の中の評価。
藤壺より、六条御息所より、より、明石の君より、秋好中宮より、末摘花より、落葉の宮より、それこそ女三宮よりも・・・。

白氏文集は、なんか懐かしい感じ。
当時、流行ってたんだよね~。
当時って、平安時代ね。
だから、平安時代の日記とか読むと結構出てくる。
それこそ、枕草子にも出てきたはず。

それと、千代姫の嫁入り道具。
すごすぎる~~!!!!!
蒔絵見台に葵の御紋~~!!
はぁ~~。ウットリ。
なんであったかって、「初音」の場面が描かれていたのよ~ん。

数多くいる登場人物で一番好きなのは。
即答で、匂宮でしょう。
やっぱり男たるもの色がなくちゃね~。
あ~ん。浮船~。
モテモテでいいなぁ~。

残念だったのは、権大納言藤原行成さん倭漢抄が見れなかった。
展示期間、終わってた。
行成さ~~~ん!

もう一回、行こうっと。


あ。あのねぇ~。
カップルがいたんだけどね~。
すっごいイチャイチャしてたんだよね~。
男子が女子の事、すっごい触ってたんだよね~。
別にそこでイチャイチャしなくてもいいと思うんだよね~。
顔見たれ、と思って見てみたら~。
やっぱり○サ○○。←当ててみよう。
せめて美術館では我慢してくれよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/11/12

義元~!!!

あぁ。義元が死んじゃったよ~。
また泣いちゃったよ~。

って、大河ドラマの「風林火山」の話だけど。

も~う。義元って一体ドラマと映画で何回死んだんだろうか・・・。
ドラマとかで、今川義元が死ぬ度に、辛くて泣いちゃうよー。
え?だってワタクシの一番お気に入り武将ですから。
政治の手腕もさることながら。
やっぱりなんというか、色気を感じる武将なんだよねー。

でも、今回の義元、割と史実に忠実だったんじゃないかと思う。

義元の死に様(ウィキペディアより引用)

義元は信長の馬廻の一人の服部小平太に斬りかかられるものの、逆に服部の右ひざを斬って負傷させた。しかし、服部との格闘の間に迫ってきた新手の毛利新助と乱戦になり、組み伏せられた義元は、終に毛利によって討ち取られた。討ち取られた時、義元は毛利新助人差し指を噛み切るほど抵抗したといわれている
そして、愛刀・左文字の太刀ともども、首級を奪われた。
織田方に討ち取られた首級は義元の家臣・岡部元信の信長への度重なる懇願により、返却された。

そう。前にも書いたけど、義元は馬にも乗れない公家かぶれのひ弱な奴と思ってる人!!それは違いますよ!!

というか、元信が危険を顧みずに、首級を戻してくれるように懇願した位だから、家臣にもそれなりに慕われてたと思う。
信長も立派だよ。
首級って、普通は城下に晒すもんだから、そうそう返してくれないし。
しかも、義元の愛刀・左文字(義元左文字)は、信長さん死ぬまで側に置いていたみたいだし。
さすが。辛抱の人、信長さん。
信長さんは、家康より辛抱さんじゃないかな。と思ったりする。
それに、実は案外優しかったりするんだよ。

まぁ。なんといっても、寿桂尼でしょ。
女戦国大名と言われた彼女。
といっても、武家の娘ではなくて、公家の姫!!
中御門家の姫ですよ。

長男と次男を同日になくし・・・。
出家していた芳菊丸(義元の幼名)を還俗させ・・・。
夫と別の女性との間に生まれた男子との家督争い。

なんだろうね。歴史に名を残す婦女子って、悲しい出来事を経験した人が多いような気がする。
代表的なので、北条政子
彼女、子供は全員、自分より早死にしてるし。
大姫万寿千幡三幡
挙げ句、孫の一幡善哉(公暁)
なのに、自分だけは生き続けるって、どんな感じかしら・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/11/11

京都の昼/嵯峨・嵐山

仙洞御所を参観した後・・・。
何にも決めてなかったんで、とりあえず四条まで戻ってみました。

仙洞御所を1時間歩いただけなのに、何故かすっごい疲れて。
四条河原町付近のドトールを探してフラフラ歩く。
ドトールを見つけて、挫けてみました。

体力回復したところで、大覚寺行きのバスを発見。
「あぁ、最近大覚寺行ってないなー」と思い、とりあえず乗ってみました。
四条から250円。終点まで。

久しぶりに大覚寺の大沢池が見たくなって、行ってみたはいいものの。
雨が降ってきたーーー。
まぁ、でも、雨の大沢池もいいものだよ。

大覚寺を後にして、清涼寺祇王寺二尊院常寂光寺、という順番で廻ってみました。

祇王寺なんて、何回目か分からない位行ってるよ・・・。
常寂光寺は、上まで登ったんだけど、大変だったーー!!
汗だくでしたーーー!!!
でも眺めは最高!!!天龍寺並みに良かったーー。

大覚寺
Dsc03874

清涼寺
Dsc03875

祇王寺
Dsc03878 Dsc03879
Dsc03880 Dsc03881
Dsc03882 Dsc03883

二尊院
Dsc03884 Dsc03886
Dsc03888 Dsc03890

常寂光寺
Dsc03892 Dsc03893
Dsc03895 Dsc03896
Dsc03897 Dsc03899

あーーー。次はいつ行こうかなぁー。
スギ花粉が終わって5月位がいいなぁー。
夏は暑すぎ!!!冬は寒すぎ!!!だから。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2007/11/08

京都の昼/仙洞御所

とあるモールから帰ったワタクシ。

やっぱり夜中の番組は、お笑いばっかりだねぇー。。。
ま、ぐっすり寝ました。

仙洞御所の参観は11時からだったので、結構ユルめに起きました。
朝の番組も、横浜と違うんだねー。
メンバーがね。全然分からないんだよー。
石田靖?位なら分かる。
そして、あまりワタクシの波長に合わない。

ま、んなこなで、ホテルを後にしてとりあえずロッカーに荷物を預けるために京都駅へ。
午後の行動、全く決めてなかったので、どう出てもいいように京都駅に預けようと思ってさ。
んで、丸太町まで舞い戻った。

参観受付を済ませると、待合室みたいな所で説明ビデオが流れているので、それをじっくり見ました。
ビデオが終わると、案内のオジサマの後をゾロゾロ付いていって説明を受けながら、一周しました。

まずは、大宮御所が見えるんですが。
ここは、実際にお泊り出来るそうです。
でも、泊まれるのは天皇皇后両陛下皇太子・皇太子妃外国元首以上、って言ってました。

ま、御託並べても仕方ないので。

Dsc03861 Dsc03863

Dsc03864 Dsc03866

Dsc03867 Dsc03868

Dsc03869 Dsc03870

Dsc03871 Dsc03873

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|